2015年11月30日

三月ねこの城攻め報告書 −戦功報酬 むらかミー義清 (誉)−

ちょいと遅くなりましたが、城攻めのお話しを。
プライベートで変化があったので、慣れるまで少し時間がひつようです。

報酬はこちらでした

e87c83a2784181eca41069db6629feed.png

むらかミー義清(誉)さん。固有は北信の雄【風】[物理攻撃][ランク3]。
一方向の敵3体を攻撃する。

ステータス値も良いので、騎馬デッキの方々ならそのまま戦力になりそう。
ねこ武将本体にしても特技にしても、騎馬ばかり優遇されてる気がする。

そして三月ねこ所属の兵団の最終順位は・・・・。
初日のマッチング運に見放され、攻め手希望が守り手になったり
当たった兵団さんが少しばかりアクティブさに欠けたり・・・

26ac2d00ab3812b8914846a727ad1815.png

残念ながら報酬を獲得することはできませんでした。
チームワークも良く、団員も実力者ばかりだったのですが・・・。
城攻めの勝負ってのは難しいものだと痛感しました。

しかし結果がどうであれ、城攻めの面白さは変わりませんでしたね
そして連戦の疲労度も(笑)。楽しいけどホント疲れる!

今回の城攻めは、僕のとある目標のために野良で始めることとなりました。
個人的なワガママを許してくれた師匠をはじめとした兵団のみなさんに感謝!
途中から入った僕を温かく迎えてくれたし、とっても良い兵団でした!

僕が初日一戦目を野良参戦した理由は・・・
城攻め軍功500以上の獲得。兵団を10000NP使わずに結成する権利。
次の城攻めが楽しみです。なぜならば・・・。




✂・・・・・・伊賀流(仮称)兵団のコーナー!・・・・・・・✂


次回城攻め伊賀流(仮称)兵団を結成予定です!
次回開催時期は不明ですが、何名かの伊賀流戦友さんをすでに勧誘済みです!
また苦手地形や苦手なデッキに対応するための、用心棒の先生も勧誘済み。

数名の用心棒先生の他は、伊賀流頭領のみで構成される伊賀流兵団!
城攻めをきっかけに、伊賀流の指南塾のような場所も作りたいと思ってます。
みんなの先生になるような、達人級のあの人たちにも参加して欲しい・・・。

団員の募集やコミュニティとなる場所などは、後日ブログで紹介予定です。




ちょいと疲れのためか、内容がスカスカ(いつも通り)ですが・・・

✂・・・・・・・・・・・伝授のコーナー!・・・・・・・・・・・✂

可愛い可愛いガラシャムさまの強化です。

cfd8da6a1d2f54750d085ce94bb82ff7.png

発動アップは必須ですよね。いつだったかキャンペーンで貰ったであろう
手持ちにあった交換不可の浪切を伝授。そして一気にLv5まで強化します!

14703521d38128de56530b6c243ef434.png

結構強化失敗したけど、なんとか成功!ニャッポを節約しつつ強化。
とりあえず付けた明鏡止水の枠。何か工夫できないか思案中。
ちなみに加賀百万石とかいう特技は知りませんよw


✂・・・・・・・・・・・・・コメガエシ・・・・・・・・・・・・・✂


ガラシャムゲット、おめでとうございます!ますますパワーアップしていく三月ねこ伊賀流いがいが、ですね。伝授もびしっと決まって、素晴らしいです。意気込みが伝わります。ガラシャムを加えてどう進化していくのか、じっくり見せて頂ければと思います。次々に色を変える剣豪たちの特技。なんだか小説でも書けそうですね…へっぽこは12月から1月にかけて、仕事の幅が少し広がる為、ニャがの時間が減るかもしれないというのが残念ではありますが…ブログやツイッタはちょこちょこ続けます。
Posted by yascha at 2015年11月22日 21:55
書いていたのを忘れてまた書きこむ不肖のへっぽこ。アタッカーのコストを減らす…減らしても強い…ガラシャでどう変わるのかが本当に楽しみですね。おととい、新しい仕事についての打ち合わせがありまして、凄くいい仕事ではあるのですが、下地を結構調べるのにかなり時間がかかるのですよ…加えて本業(しくしく…何故泣く)と用事がじわじわと…茶虎にも顔出しが出来ないので…すみません…不義理で…ではまた。
Posted by ゆきずりのひと at 2015年11月27日 00:01

yさんコメントありがとうです。ガラシャム(極)はなんとしてもデッキにフィットさせたいと思ってます。色々アイデアはあるのですが、ニャッポが足りません(笑)。yさん同様僕も仕事の環境が変わったので、今までと勝手が違い苦労してます。お互い慣れるまでは無理せずにのぶニャがを楽しみたいですね。
posted by 三月ねこ at 22:07| 東京 ☀| Comment(1) | 城攻め報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする